So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

ぱっこんぽっこん [スポーツ]

 半年ぶりにテニスの集まりに家族で出席した。
 このテニスの会は、友人が営む居酒屋常連の好青年をコーチとしてお迎えしてできたのだが、これが月1回の頻度でもう1年半ほど続いている。イケメンコーチはわが母校(って言っていいのかな、私は中退だけど)体育会テニス部で副将だったそうで、ラケットさばきは華麗、ソフト且つ的確な指導に温厚な人柄がにじみ出ている。これでお顔もよいのだから天は二物も三物も人に(よっては)与えちゃうんだな、と実感。

 そもそも私は走るのはおろか、歩くのも嫌いな筋金入りの運動オンチ。小学校から高校まで体育の評価は一貫して5段階評価の2だったんだから我ながらすさまじい。だから毎回テニスの会には半分腰が引けた状態で出席するのだが、それでもひいひい半べそかきつつ続けているのは、家人との老後の楽しみを開拓するためだ。家人は現在の恰幅のよさから簡単に想像がつかないが、大学時代テニス部の主将だったそうだ。セミプロのコーチとはまったく違い、弱小チームの主将ではあるが、家人は今でもテニスが大好きなのだ。
 惚れた弱みとはこのことだね。完全なインドア派無趣味の私がテニスにチャレンジとは。

 居酒屋を営む友人は皆勤だからだろうか、還暦過ぎとは思えない身軽さでラリーをつなげていた。かっこよくて面倒見のいいコーチに愚息もなついてテニスを楽しむようになった。私は暴打の嵐でサブコーチの家人をいじめてしまった。うむむ。なんとかしなきゃなあ。

 それにしても。ブログねたがたまってきて書くほうが追いつかない。話題が古くなっちゃうよう。

タグ:家族 テニス
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【サッカー】アジアカップ 日本VSオーストラリア! [スポーツ]

 うおおお。手に汗握る3時間でございました。後半終了段階で1対1、延長前後半でも双方一歩も譲らず、PK戦へ。GK川口の2回連続ファインセーブに助けられ、日本が勝利!準決勝進出が決定。嬉しい!

 いやあ、見ていて緊張しました。肩凝りました。首がばきばき。
 一息ついたところで、今度はCSI (LV) を鑑賞。んー。主任、素敵。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ラグビー】早慶戦に行ってきました [スポーツ]

 昨日、秩父宮ラグビー場に早慶戦を観にいきました。ラグビーの観戦は、15年以上前に一度、学生時代に早明戦を観にいったきりでした。
 今回は、大会関係者でもある愚息の担任のご厚意でチケットを手配していただきました。秩父宮ラグビー場最寄り駅の東京メトロ銀座線外苑前駅に試合開始1時間前到着スケジュールを組んで愚息を散髪に送り出し、たらんたらんと気分よく12時過ぎに自宅を出たところ、保育園時代から愚息と仲良くしてくれるクラスメートのお母様から「もうそこそこ席埋まってきているよ」とお電話が。えええ!そんなに早く?!愚息と私の分の席も押さえていただけるとのことで、焦りながら愚息をピックアップし、現地へ向かいました。気配り段取り巧みなYちゃんママ、いつもお気遣いありがとう!
 
 大昔早明戦を観たのは国立競技場だったためか、今回初めて行った秩父宮ラグビー場は観客席とずいぶん近い印象です。ボールが観客席に飛び込んできたりして、すぐそこでプレイしているのが見えて興奮が高まります。拙宅専任スポーツ解説者である家人が休日出勤で同行できなかったため、ルールがさっぱり分からないのがちょっと辛かった。でも、球技というのは陣取り合戦のようなところもあるので、ルールが分からなくても結構楽しめました。

 私達は16番ゲート近く、ゴールポストがすぐそこに見える好位置で旗を振りつつ早稲田を応援していたのですが、ここは前半慶応側ゴールだったため、近くでプレイされるとヒヤヒヤしてしまう。前半はまだ調子が上がりきっていなかったのか、やたらに慶応に押されている印象でした。早稲田、がんばれ!前半残り少なくなったところでやっと先制点を奪取。

早慶戦3

 慶応はカウンターがすばやく、きれいにラインを作ってパスをしていくのでパスの波がこちら側に来るたびにどきどき。前半途中でとうとう逆転されてしまい、ちょっと寂しくなっちゃったりもしました。

 愚息は初めて観るラグビーの試合が結構楽しかったようです。旗を振って早稲田を応援したり、クラスメートといっしょに審判である担任の先生の名前を叫んだり(審判の応援というのは初めて見た)、写真を撮ったりと忙しい。
 愚息が旗振りの合間に編み出した撮影方法は双眼鏡とデジカメをくっつけるというもの。そんなんで撮れるのかしら、と思いましたが案外撮れています。
早慶戦2

早慶戦1

 後半、慶応に疲れが見えはじめたのに対し、早稲田はだんだん調子が上がってきている様子。開始直後からがんがんトライが決まるようになってきて、応援していても気持ちがいい。
 試合だけでなく、観客席もちょっぴり面白い。
 近くに酔っ払っているのか大声を出すおじさんがいて、前の席にいる観客が立ったときに「こらー!座れー!」くらいであればまあ仕方ないのですが、「ごりごり行けー!ごりごり!」とやたらごりごりを連発して、ちょっとうるさい。しまいにはちょっと注目を浴びたくなっちゃったのか、「明治、行けー」と与太を飛ばし、まわりから失笑を買っていました。早慶戦で明治はないよなあ。
 前のほうには子どもっぽい振る舞いが鼻につく現役早大生風のグループがいたのですが、私達の隣は幸いにしておとなしそうな早大生のグループでした。冷静に試合分析をしたりして和やかな雰囲気。その中に一人、ラグビー部コスプレをしている青年がいて、隣のYちゃんママに話しかけるたびに彼の剥き出しの膝小僧(びっしり鳥肌が立っている)が視界に入る。寒い!見ているだけで寒い。使い捨てカイロを分けてあげたほうがいいのだろうか、と悩みましたが、彼も寒いのは覚悟の上でコスプレしているのであろうと判断、放置しました。風邪をひいていなければいいけど。

 結果は早稲田の勝利で今後の試合も楽しみになってきました。子どもたちも初めて観るラグビーの試合を楽しんだようで、試合後、その感動を伝えたいと審判をされた担任の先生を探しに行きましたが、結局会えずじまい(そりゃそうだという気がする)。なかなか帰ってこないので探しに行くと、早稲田4年のWTB菅野朋幸選手を捕まえてサインをもらっているのでびっくり。子どもたちの話を聞くに、どうもR子ちゃんが思い切ってお願いしたらしい。彼女のおかげでもじもじくんの愚息もサインをいただけて、にこにこと嬉しそうでした。

 菅野選手は写真撮影にも気さくに応じてくださいました。彼の礼儀正しいさわやか青年ぶりは子どもたちだけでなく、母親である我々のハートもがっちり掴んでしまったのでありました。実際にお会いすると、早稲田大学蹴球部の菅野選手紹介ページの写真よりずっとかっこいいです。
 やさしい菅野選手のファンになった子どもたちは帰途
「早稲田、勝ってよかったねー」
「早稲田応援してよかったねー」
「菅野選手かっこよかったねー」
「早稲田のイメージ上がったよねー」「ねー」
と口々に話しておりました。最後のイメージ云々がちょっと気になるけど(今までどういうイメージだったんでしょうか)、とても楽しかったようです。
 学生時代にはなかなかチケットが手に入らず、観にいけなかった早慶戦をこの年になって観られるとは思っていませんでした。このような機会をくださった愚息の担任S先生に感謝。楽しかったです。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

高校2年生の息子をやきもきと見守りつつぼんやり過ごしてます。 【現在縮小運営中】写真及び文章の転載はおやめください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。