So-net無料ブログ作成
検索選択
スケッチ ブログトップ

満員電車の愛ある風景 [スケッチ]

 仕事を辞めて一年になる。無職だと何かと肩身が狭いのだが、悪いことばかりでもない。何がいいって朝の満員電車に乗らなくてすむようになったことだろう。特にこの季節の満員電車はつらい。何をどうしたら朝っぱらからそんな口の中が苦くなるようなにおいが発散できちゃうんですかあ! と糺したくなる人がいたりするもの。

 満員電車でにおい、といえば。やはり梅雨のころだっただろうか。朝の満員電車でこんなカップルを見たことがある。
 年のころは20代前半。男女ともにスーツを着て一緒に通勤しているのだが、満員電車のどさくさにまぎれてひし、と身を寄せ合っている。それだけのことで別に接触過多でもなんでもないのだが、ひじょーに雰囲気濃厚なんである。数十分同じ空気を吸う羽目に陥ってしまうと、未婚ではあろうがお互いの部屋を行き来するような間柄でなおかつお互い夢中なんですーというのが見たくなくても分かってしまうんである。周囲の人々は私も含め、二人を別世界に隔離してあげたいのは山々だけど通勤ラッシュの時間帯でもあるし、つめないと他の人が乗れないので仕方なく近くにいるのだができればもっと離れていたい、むしろ有体に「いちゃいちゃするならプライベート空間でやりたまえよ」とぶっちゃけてしまいたいという表情を全員が全員浮かべている。
 しかし、恋は盲目なんである。男女の周りに人垣があろうとうんざりした空気があろうとおかまいなし。
 男はいとしげに頬をなでる指をふと離すと女の髪をひと房掬い、くちづけた。
「いいにおいがするね」

 あほくさ。
 大体朝っぱらからこの濃度なんだから「奇遇だね!」「会社、一緒に行く?」程度の親しさではない。どう考えてもさらにこってりした時間が前にあって今は後朝(きぬぎぬ)であろうよ。で、平安時代と違って水道設備等諸事情諸文化の異なる現代の後朝にはひとっ風呂くらいあるであろうよ。ということはだよ、「これは僕のシャンプーね」などとボトルキープをしていない限りは、あんたの頭からも同じにおいがしてるだろうが。
 んもー。朝っぱらから周囲の脱力を誘うカップルであったよ。

 現在はそんなストレスとは無縁のぷうたろう生活を満喫している。
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
スケッチ ブログトップ

高校2年生の息子をやきもきと見守りつつぼんやり過ごしてます。 【現在縮小運営中】写真及び文章の転載はおやめください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。