So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

note に自由研究記事を載せました [夏休み宿題狂想曲]

 ご無沙汰しております。2007年に連載した自由研究の記事を note という SNS に掲載しています。

夏休みの自由研究を攻略せよ
https://note.mu/sohoo_tegetege/m/m2b71fa3f875c

 このマガジンは先日当ブログでの公開を終了したものです。内容はほとんど変わりません。いただいたコメントを本文に反映したり、資料サイトのリンクや新しい施設について加えたり、と媒体や時間の流れによる変化がございますので、内容を確認しつつ懐かしみ、リライトしています。
もしよろしければご覧ください。

コメント(0) 

一部記事削除のお知らせ

ご無沙汰しております。素風でございます。

このたび、拙ブログの一部記事を削除することにいたしました。
夏休みの宿題を攻略せよ2007」に関連するもの、目次もあわせまして16記事を2014年4月30日をもって削除いたしました。

該当記事をお読みくださいましてありがとうございました。そして記事作成時、子どもと自由研究に取り組むにあたり助言をくださいました皆様に改めて御礼申し上げます。
コメント(0) 

水辺がかわいらしいことに [暮らしの中で]




 公園の池がかわいらしいことに。

 実物は、成鳥が雛かってほどちっちゃいっす。

 親を追いかける雛はもっと小さい。赤黒うりぼーテイストなボーダーがオサレです。

 背中に載せてー、と3羽がかりで親鳥を追いかける、の図だったりする。親子といえどちっちゃいもの対決なのでちょっと育つと背中に載せられなかったりする。




コメント(2) 

春も駆け足で過ぎていくよ [子どもと学習]

 遅くなってしまったけれど個人的なことのご報告をば。
 本人なりに将来を見据えて考えた進路であったはずだけれど、「友達と一緒がいいから」「周りは誰も受験勉強していないから」などと面倒くさがって結局、愚息は高校受験をせず内部進学で高等部に進学した。周りに流されて進路を変更するというのが私からするとまず理解できない。めでたいんだかめでたくないんだか。
 とりあえずそんなあほ息子が受験勉強しているもんだと思って遠慮してくれていた昔からの友人とともに「この受験狼少年め」とつっこみを入れて発散しておいたよ。親である私はいろいろと納得できないけれど、本人の選択なので仕方ない。
 だからといって中学から通っている今の学校に不満があるかと言うとそんなことはない。有名でも難関でもないけれど雰囲気の穏やかないい学校なんである。なんだか論文も書かせるらしいので楽しみだ。ばっちりきっちりがっちりしぼられるがよいよ。

 練習がきつくて雰囲気が納得いかなかったらしい格技系の部活動をやめて1年あまり。高校に進学して愚息は山岳部に入学した。先日近県に1泊2日で登山に行ったのだが相当にきつかったはずなのにかなり楽しかったそうな。

 この春は諸般の事情で家族そろって話す機会が多かったため、愚息の将来やりたいこと、現時点で関心のある分野について聞き出し、それに沿って大学進学、さらに就職と、進路を長期にわたってデザインするというブリーフィングもしてみた。
 がんばれば実現可能だね、という結論に達した。相当勉強しないと難しいけど。

 関心を大いに抱き、そしてうるさく口を出さないというスタンスを維持するのは難しい。



 この写真をツイッターやフォト蔵のアイコンにしている。公園の遊具なんだが、足で踏むとぷしゅううう、と気の抜けた速度で沈んでいく、楽しさをどこに求めればいいのか分からないミステリアスな感じと古ぼけた見た目が気に入っていた。この写真を撮ったときには老女が二人、ゆっくりゆっくりとこの遊具を踏んで遊んでいた。楽しそうではなかったけれど印象に残る不思議な光景だった。
 しかし、先日同じ場所へ行ってみたらば、この遊具がなくなっていた。

 時の流れはいろいろな変化をもたらすもの、であるらしい。



コメント(0) 

元気、出そうかー

 被災地の皆さんが一日も早く安全で健やかな暮らしに戻られることを心からお祈り申し上げます。

********************************************************************************************************************

 停電の影響で首都圏の鉄道運行が不安定であったが、徐々に落ち着きを取り戻しているようだ。落ち着く、と言っても震災前の状態に戻るわけではなく、低いテンションであっても一定レベルを維持しようという意図を切ないくらい感じるぎりぎりのバランスだ。
 拙宅はありがたいことに都心へのアクセスがよい立地にあるので家人は今日も普通どおりに出勤。

 福島の東京電力原発に関して、日々報道されている。自衛隊や消防、警察だけでなく東京電力、おそらくはメーカーも総出で対策に乗り出しているはず。危機管理の甘さを今指摘しても仕方ない。原因がそこにあるのならばはっきりと分析をしておいて、今は現場の人々にすべてを委ねるしかない。
 3月13日の動画。情報が数日分古いわけだがもともと原子炉設計の専門家だという経営コンサルタントの大前研一氏の解説がとても分かりやすい。
http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ
 本来有料であるはずのコンテンツが無料で公開されている。長いけれど、視聴する価値が十二分にある。
 原発施設の危機というのが具体的にはどういったものなのか、という日々の報道で伝えられている部分だけでなく、この危機がもたらす経済への影響、復興に向けた財政上のアイディアなど多岐にわたる内容だ。

 日本経済は今後右肩上がりに急成長しない。
 なんとなく分かっていたけれど、すでに決定づけられていたそれを、今回の震災と原発問題ではっきりとそこにあることを認めてしまった感がある。
 諦めとともに受け入れながら、低成長経済の中で成熟することを日本は求められているのだと思う。


 そんなこんなで元気のない愚息を誘って



 遅ればせながらハンターと化した昨日。中学3年生だもんなー、親子でゲームしても喜ばないかもしれないなー、と思ったけれど予想を裏切るはしゃぎっぷり。東京は被災したわけではないけれど、地震当日は帰宅できず、ひたすら震災情報を報道で見続けて、愚息は少し元気がなくなっていたのは確からしい。まあ、一緒にゲームして元気が出るんなら安いもんじゃ。
 さーて、今日も狩りに行こうかねー。

nice!(2)  コメント(3) 

ヤシマ作戦

 私はエヴァンゲリオンの熱心なファンとはいえないのですが、国民的アニメのひとつといってよいこの作品も今の私たちの心を鼓舞してくれるのだな、と心強く思います。

 ツイッター上では関西電力など周波数の違う電力会社が東北地方などへ電力を送っているのはデマだとかデマでないとかいろいろ流れていて信憑性の高さをどう測るか迷いますが、全国各地でヤシマ作戦が決行されているんだね、という写真をいくつかピックアップ

・ 被災地から遠く離れたここ大阪でも。
http://twitpic.com/48r1o9
 電気が消えているのに却って「がんばれ日本」的な激励を感じます。

・ 寒くなってヤシマ作戦遂行に心折れそうな私たちを励ますような「こうして暖をとればいいよ」写真。
http://twitpic.com/48r8mz
 げっ歯類の皆さんってばなんて愛らしいのでしょう。

 今更のように地震酔いになってしまいました。気が抜けてしまっているのかもしれません。
 気を引き締めなおしていかねば、ですね。
nice!(2)  コメント(0) 

【ご報告】 家族全員そろいました

朝になって夫にレンタカーを手配してもらって息子の学校まで車で迎えに行ってきました。
やっと家族全員そろいましたのでご報告いたします。
東京23区内と多摩地区を往復して感じたことは、地域やタイミングによって混乱の度合いに違いがあるということです。コンビニエンスストアファーストフード店の一部が営業していましたが、スーパーなどは都心に近い店舗で営業できないところがあるようです。逆に、回転街の行列がある店舗も見かけました。午前中の段階では都心方面よりも郊外方面の車線が混雑していました。

余震は続くものの、東京都内は出勤すると思われる人々の姿もあり、ある程度平常に近い落ち着きを取り戻しつつあるように思えました。
ただ、まだまだ救急車が行き交い、携帯電話等の通信状況が不安定になっているケースもあるようです。スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの流通産業も現段階の在庫を放出後の混乱の可能性もあります。被災地域への電話連絡は必要最低限に抑えたいものです。



nice!(4)  コメント(4) 

ご報告

無事です。
かなり揺れて鍋だのボウルだのいろんなものが吹っ飛びましたが、ワレモノなどの被害はありませんでした。
息子はクラスメートや学校職員の皆さんとともに学校に宿泊しています。
先ほどいち早く復旧した都営地下鉄を経由して夫が帰宅しました。
まだ集合できていませんがともかくも家族全員の所在がはっきりしています。

ツイッターやフェイスブックが地震直後から機能していましたが、携帯電話や固定電話と同様に回線を他の緊急用にあけておく必要がありそうなのでこちらで報告をしておきます。

追記(2011年3月12日03:40現在):
無事が確認できているこちらの情報の発信は急を要する方の妨げになるのでいたしませんが、テレビやラジオ以外にネット上で確認できる情報を発信し続けているジャーナリストさんのツイートがあるので参考までに。

ジャーナリスト津田大介氏のツイッターアカウント
http://twitter.com/#!/tsuda

IBC[岩手放送
http://twitter.com/#!/IBC_online
いち早く地域情報を発信しようと努めておいでですが、現時点では限界があるようです。


追記(2011年3月12日03:55現在):
情報がほとんど入ってこないので俯瞰的な把握がしにくい現状ですが、もしかしたら官公庁もその状態になっているかもしれません。電話などを利用した安否確認は控え、テレビやラジオ等をご利用ください。

NHK広報のツイートによると
「NHKラジオ第1の音声ストリーミングをお届けしております。動画を見るための帯域が不足している場合などに、ご利用ください。NHKオンラインのトップにある「R1」のボタンをクリックしてください。」
とのことです。

http://www.nhk.or.jp/


グーグルが人探しサイトをオープンしています。探し人がネットを使える環境にいてなおかつこのサイトの情報を得ていることが条件になりますが、どうしても連絡をとりたいけれど手段が、という場合の選択肢の一つに加えてください。

http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
http://www.google.com/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html


追記(2011年3月12日04:10):
細かな地域情報の発信はツイッターユーザーが比較的早くから行っています。
ただし、情報の真偽等錯綜しているものもあります。
情報の軽重を個人が判断するのは危険なので不確実な情報を発信するのを控えたほうがよさそうです。
リツイート等で情報を拡散する場合は公共性の強いメディアをソースとする情報を選んで行ってください。


広い範囲で強い地震が起こり、現在も救助を待つ人々がいる一方で地震の被害が少ない地域も当然あり、そうすると地震情報に対するテンションは人それぞれになります。
冷静に情報を取捨選択し、感情的に反応しないようにしたいものです。

nice!(3)  コメント(6) 

夏のがっくり [ため息]

 愚息の通う中学校では3年生になって初めて夏休みに自由研究が課される。少なくとも愚息が入学して以来2度の夏はそうだった。どれだけ待ちわびたことであろう、中学3年の夏を!
 自由研究はいい。私自身は子どものころにたいした自由研究をしなかったし、楽しいともさして思わなかったのだが、愚息が一度だけ、まじめに自由研究に取り組んだのにつきあってみたらばえらく楽しかった。わたわたばたばたしてただけだといえないこともないが。何であんなに楽しかったんだろう。親子とはいえど所詮は別人だから他人事で楽しく思えたのかも。

 で、3年越しで楽しみにしていた夏の自由研究なんであるが、ふたを開けてみたらばなかった。

 いや、まあなんというか、多少楽でいい、のかなー。代わりに課題研究が課されていて、こちらは「自由にやれ」と言われると思いつかないようなテーマではある。だからありがたいといえばありがたいんだけど、つまらぬのう。
 夏はまだ始まったばかりで、これからいろんながっくりが起こるんだろうけど、現段階で自由研究の件がこの夏のがっくり暫定1位間違いなしだな。

 今思えば愚息が小学生の間、毎年チャンスはあったのにまともにつきあったのは結局6年生の1回だけだったのだなあ。残念だ。


nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2010/07/25

  • sohoo_tegetegesohoo_tegetege息子の15歳の誕生日だった。…あれ?もう日付が変わっている。昨日息子が15歳になってた。15年前もどえらく暑かったもんだ。
  • sohoo_tegetegesohoo_tegetege@busuneko2 ありがとうございますー。15歳って案外あっという間ですねー。長かったような気もしますが。

nice!(1)  コメント(1) 
前の10件 | -

高校2年生の息子をやきもきと見守りつつぼんやり過ごしてます。 【現在縮小運営中】写真及び文章の転載はおやめください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。